2050年の「異民族間結婚ブーム」

坂中提案

以下は、『入管戦記』(講談社、2005年)の「2050年のユートピア」で描いた2050年の「異民族間結婚ブーム」である。

『今日の新聞はいっせいに、政府が発表した「婚姻状況の推移」を報じている。それによると、同一民族間結婚が減少する一方で、異民族間結婚の増加傾向が続いている。

日本人の40%が外国出身者と結婚している。外国出身者の間でも異なる民族間の結婚が増えており、30%の人が他の民族出身者と結婚している。「異なる民族間の結婚が一種のブームになっている」と政府関係者は語っている。

社会学者が新聞のインタビューに答えている。
「もともと人間は、未知なるものへの憧れや、異なる存在に対する好奇心を持っているものだ。出身国・民族を問わず、いまの日本の若い人たちの間では、同じ民族の人よりも異なる民族の人への関心が高いようだ。異民族間結婚はこれからもっと増えるのではないか」

異民族間結婚の増加に伴い、小学校において二ヵ国語以上を話せる多文化を持った生徒が急増している。』

« »