2020年を「移民元年」の歴史的な年にしよう

坂中提案

今日の日本が世界に緊急にアピールすべき国家政策は何か。日本の最高のセールスポイントになるものは何か。それを一つ挙げろと問われれば、私は「移民の開国」と答える。

移民先進国が移民を受け入れる余力を失いつつあるなか、世界の人々はこぞって日本の移民開国を歓迎する。「移民に冷たい国」から「移民に温かい国」へと、世界の日本イメ―ジは一変し、新しい日本像が視野に入る。

政府が2020年の東京オリンピックの開催前に移民国家宣言を行い、かつ移民法制を確立してオリンピックを迎えれば、オリンピック見物で訪れる3000万人の外国人観光客の中から移民希望者を多数獲得でき、東京が世界都市と世界から認められるなど、その効果は抜群だろう。

こんなビッグチャンスは二度と巡ってこない。2020年を「移民元年」とし、首相が歴史的決断を下し、東京オリンピックの大舞台で「移民国家ニッポン」の華麗な姿を披露すれば、世界各国の人々は拍手喝采で迎えるにちがいない。

他方、移民鎖国の日本のままで東京オリンピックを迎えた場合には、次のような取り返しのつかないダメージをこうむる。

① 移民に対する門戸を頑強に閉ざす日本イメージが世界中に広まる。いったん定着した国のマイナスイメージをくつがえすのは至難の業である。日本が移民立国の国に転換した場合の損失は計り知れないものがある。

② 人種・民族・国籍の壁を乗り越えて世界の若人が集うオリンピック精神を理解しない国として世界の批判を招きかねない。あるいは移民鎖国を続ける日本にオリンピックを開催する資格があるのかという批判の声が国際社会から上がるかもしれない。

③ 2020年のオリンピックの年には3000万人の外国人観光客が来日すると見込まれるが、そのなかには日本への移民を希望する外国人が多く含まれる。日本は選りすぐりの移民候補を獲得するまたとないチャンスを逃す。

« »