1000万人の移民が日本の財政危機を救う

坂中提案

2013年末現在の国と地方を合わせた長期債務残高は977兆円にのぼる。これから超少子化と超高齢化が急激に進むので、50年後の国民一人当たりの借金の額は想像を絶するものに膨れ上がる。

財政再建に大なたを振るうとともに速やかに移民立国の国に転換しないと、50年を待たずして国家財政は破綻する。時を移さず日本終焉へのカウントダウンが始まる。
 
国民が自らの身を削り、みんなで痛みを分かち合う国民精神に生まれ変わること、社会保障と税の一体改革を断行することに加えて、50年間で1000万人の移民を入れて税金と社会保障費を負担してもらうこと、それ以外に最低限の社会保障制度を守り、財政危機を乗り越える方策はない。

人口崩壊社会に対応するための抜本的制度改革を行い、長期間の緊縮予算を組むことを絶対的条件に、入国時は20代の移民(年間約20万人)が納税者および社会保障制度の担い手として新たに加われば、なんとか財政破綻を免れる可能性が出てくるであろう。

« »