1. TOP
  2. 政策提言
  3. 100点満点の論文人生であった

100点満点の論文人生であった

 天職に恵まれて移民政策の世界の〝オンリーワン〟になった。2020年に英文著作を発表して海外の知識人から高い評価を受けた。これ以上のものは何もいらない。一つ欲を言えば、ひとりで責任を担う立場から早く解放されたい。お迎えがきたらサムライスピリッツを貫いた変わり者として人生の幕を閉じたい。

 独創的な論文で始まり独創的な論文で終わる人生を全うした。天運を独り占めするような人生を駆け抜けた。難問難題を解決に導いた著作群は不滅である。

2021年1月1日現在の私は、人類共同体ビジョンという人類の夢が詰まった目標に向かって進んでいる。道楽で始めた仕事が人類史の頂点を極める大業に発展するとは夢にも思わなかった。夢の実現に向かってスタートを切った著作が、『JAPAN AS AN IMMIGRATION NATION』(LEXINGTON BOOKS、2020年)、『人類共同体宣言が世界の人道危機を救う』(移民政策研究所、2020年)並びに『移民国家日本が世界を変える』(移民政策研究所、2020年)の三部作である。100点満点の論文人生であった言える。