1. TOP
  2. 未分類
  3. 100年後の移民国家日本

100年後の移民国家日本

 2021年1月現在の私は、人類共同体ビジョンという人類の夢が詰まった目標に向かっての歩を進めている。道楽で始めた仕事が人類史の頂点を極める大業に発展するとは夢にも思わなかった。人類の夢の実現への突破口を開く著作が、『JAPAN AS AN IMMIGRATION NATION』(LEXINGTON BOOKS、2020年)、『人類共同体宣言が世界の人道危機を救う』(移民政策研究所、2020年)並びに『移民国家日本が世界を変える』(移民政策研究所、2020年)の三部作である。

 長年の知友たちはこの三部作に関し「すべての論点が論じつくされた。早晩、歴史的意義のある仕事をした」と評価されると異口同音に言う。100年後の日本は人類の未来を照らす移民国家として屹立しているだろう。