高度人材が日本に来るという幻想は捨てるべきだ

坂中提案

 今後50年で1000万人の移民を受け入れるとしよう。その場合、外国人を受け入れる仕組みが成否を決める。

 まず、世界のえり抜きの人材が日本に来るという幻想は捨てるべきだ。この20年の入管政策の経験を見れば、それが失敗に終わったことは明らかである。そうではなく、日本の大学等の高等教育機関で外国人を教育し、立派な人材に育てるのである。

 もともと専門知識や高度技術を有する外国人は米国、英国等の英語圏を目指し、漢字圏の日本には来ないと割り切り、日本は人材育成型の移民政策をとるべきだ。普通の外国人が日本の学校できちんと日本語や先端技術を学べるようにし、職業支援も積極的に行って、時間をかけて高度人材に育ってもらうのである。
 
 同時に、海外の主要都市に「ジヤパン・カルチャー・センター」を設置する。日本の文化に興味を持つ世界の若者に日本語を教える。そこで発掘した有為の青少年を国費留学生で受け入れ、就職後は速やかに「永住者」の地位を与える構想である。
 
 50年間で1000万人の移民を円滑に受け入れるためには、大学や高等職業専門学校が重要な役割をはたさなければならない。日本が入国を認めた外国人を社会の各方面で活躍する人材に育てるため、最終的には100万人の外国人が学ぶ高等教育体制を構築する必要があると考えている。
 
 日本独自の人材育成型移民政策が成功するか否かは、留学生受け入れ制度の拡充と活用にかかっている。

« »