遠大な移民国家ビジョンを打ち立てた日本人

坂中提案

 日本の人口問題は日本人の数の激減にとどまらない。より深刻な質の問題がある。政治を筆頭に、行政、経済、学術、教育、ジャ―ナリズムなどの分野で人材が枯渇しつつあるのだ。その何よりの証左がある。

まさにいまの日本は、人口秩序の崩壊に伴う国家危機を救う革命家を必要としている。しかし、百年先の日本を見通し、世界的なスケ―ルで考える人物がいないのだ。

150年前の幕末から明治にかけての激動の時代には革命家や国士が綺羅星のごとくいた。当代は国家の生死がかかる一大危機の時代だ。なのになぜ日本を元気にする思想家が現れないのか。

ただでさえ均質性の高い民族であるのに、それに輪をかけた画一化教育で育った日本人は、祖国を再建する百年の計すら立てられない小粒の民族に成り下がったのか。人口危機に立ち向かう覇気のない民族におちぶれたのか。

以上の所説は烈士が不在の現状を憂いるものだが、平成の日本人のなかに革命家がいないとあきらめるのは早い。ここに遠大な移民国家ビジョンを打ち立てた日本人がいる。人のやらないことに挑戦する変わり者だ。危険なことには手を出さないときめこむ良識人が主流の平成の世に、危険な思想家が移民革命を唱えて奮闘している。

これは平成時代の日本人が国の命運をかけて行う世直しだ。国境の門を世界の有為の人材に開放し、人口ピラミッドを立て直し、国の形を移民国家に改めるのだ。移民革命は劇薬である。しかし、衰弱が進む日本社会を健康体に戻す万能薬だ。

さて、2月13日の安倍晋三首相の国会答弁を契機に移民政策が急展開した状況を注視すると、平成の移民革命が視界に入ってきたと感じる。歴史が大きく動こうとしている。移民革命思想を伝道する先駆者としての実績から、私はその中心に位置する。責任の重さに身の引き締まる思いがする。

最近、私のラストミッションを全うするためどう生きるべきか思案している。

大きな仕事をするに足りる器量がないこと、権力者でも実力者でもないこと、それは自分が一番よく知っている。さりとて天職を賜ったからには移民国家の創始者にふさわしい人間にならなければならない。

おのれを鍛え無我の境地をめざす。剣の達人が晩年に達した「無の境地」である。剣を抜いて闘うことをやめ、剣を鞘におさめ、そこにいるだけで存在理由がある「無為の人」に憧れている。

それは日本の移民政策の理論的研究を極め、移民国家日本の象徴的存在になることだと理解する。そういう人間になら精進すればなれるかもしれない。 

« »