運と奇跡が頼りの無鉄砲な冒険家

坂中提案

私は1975年の在日朝鮮人政策の立案をもって移民政策論の嚆矢とし、それ以後、40年間、移民政策一筋の道を歩んだ。誰もが恐れをなしてさわろうとしなかった移民鎖国体制の打破と移民国家理論の創作に全精力を傾けた。四面楚歌と一人旅が続く中、自らを叱咤激励して移民国家の根本原理の究明に心血を注いだ。

移民政策一本の道を思い起こすと、政策論文を書き続けることの精神的苦痛は大変なものだったの一言に尽きる。政策の実現に捨て身で立ち向かったときのことは鮮明に記憶している。だが、政策が実現したときの達成感を覚えたことは一度もない。よく精神の異状をきたさなかったものだと感心する。30の時に世間の物議を引き起こす政策論文を発表し、あまたの非難と罵倒を受け、何物も恐れない精神力が身についたのだろう。

いま、私の人生において1975年の坂中論文以来40年ぶりにゆったりした気分にひたっている。駆け出しの行政官のときにまるで神業のような政策論文を書いたことの責任の重圧を乗り越え、年月を重ねてようやく心の整理がついたのだろう。

坂中論文で公言した約束をはたした。世界のモデルとなる移民国家制度の理論的基礎を築いた。日本の全面崩壊を救う起死回生策=移民政策を立案した。そんなふうに思うようになって迷いが消え、安心立命の境地に達したのだろう。

自分の実力以上の仕事を成し遂げたと思うが、精魂を込めて事に当たれば一念天に通ずるということがあるのだろう。にっちもさっちも行かない難局に直面したときに天が助けてくれた。奇跡としか言いようのないことが起きて活路が開けた。

運と奇跡が頼りの無鉄砲な冒険家ような職業人生が尋常なものではないことは自分でもわかっている。綱渡りの連続の役人生活をすごした。無事退職できたが、入管時代の晩年、「命があったのが奇跡」と、上司から忠告された。「坂中さんは不器用な生き方を貫いた最後の侍」と、親しい後輩からいわれた。

親の背中を見て育った息子は、「お父さんはできもしない無謀なことを道楽でやっている」と言い放つ。身近で見ていると、見果てぬ夢を追いかけて楽しんでいるようにうつるのだろうか。自分では現実に即して物事を考えるリアリストだと思うが、私の論文を読んだ友人たちはみな坂中はロマンチストだという。

私の著作物の大半は、政策論文という性質上、リアリストの面とロマンチスト面のふたつの要素が融合してなったものである。ロマンチストとして未来志向で百年の計を立て、リアリストの目で現実を直視し、広い視野から当面する問題の解決策を示した。

タブーへの挑戦に明け暮れる職業人生だったが、無人の荒野を一人行くがごとく、やりたいことを思う存分やった。単騎で戦いに挑み、最終的には政策提言の多くが実現した。エキサイティングな経験がいっぱい詰まった波乱の人生だった。

« »