1. TOP
  2. 政策提言
  3. 英文図書の出版の意義について

英文図書の出版の意義について

私の長年の夢が実現した。2020年2月、移民政策で国論が大きく割れている米国の出版社から、坂中英徳著の英文図書が出版された。「Japan as an Immigration Nation,

Demographic Change, Economic Necessity, and the Human Community Concept」(LEXINGTON BOOKS )である。

日本型移民政策の全体像、人類共同体思想のエッセンス、日本革命と世界革命の必然性、日本の移民国家ビジョンの持つ世界的意義について論じた。さらには、日本及び世界の移民政策の歴史的転換を世界の人々に迫った。人類共同体の理念に基づき世界の人道危機を救うことを究極の目標にすえる雄編である。

これは日本型移民政策の世界的展開を象徴する書物と位置づけられる。世界の人道危機が深まるタイミングで出る坂中移民政策論は人類史的意義があると考えている。さらにいえば、日本の移民政策なかんずく人類共同体構想が、日本という精神土壌で生まれた特殊性を超えて普遍性と世界性を有すると世界の知性から評価されたことを意味する。「日本の移民政策」から「世界の移民政策」への飛躍的発展である。

この本は、世界の知識人から衝撃を持って迎えられるだろう。世界各国の移民政策に圧倒的影響が及ぶだろう。またそれは、強風の「外圧」に発達し、世界の評価を気にするところがある日本政府が移民開国を決める決定打となるだろう。

45年の論文人生における最高作と言い切れる作品を一本でも書き残したこと、これ以上の喜びはない。