観光立国は移民立国につながる

坂中提案

外国人観光客と移民とは好循環の関係が成立する。外国人観光客が増えれば移民が増える。移民が増えれば外国人観光客が増える。

政府は年間2000万人の外国人観光客を招く「観光立国」の旗を掲げ、査証を免除する国を大幅に拡大するなど、外国人観光客を飛躍的に増やす政策を推進している。

外国人観光客が増加すれば、日本が好きになる外国人やリピーターの外国人、日本への移住を希望する外国人の増加に拍車がかかる。日本人と外国人の接する機会が増え、移民の受け入れに対する国民の抵抗感が弱まる。それだけでない。外国人に親近感を抱く日本人が増え、「移民立国」への追い風となる。

私は50年間で1000万人の移民を入れる「移民国家への道」を提唱しているが、2000万人の外国人観光客の中には将来の「移民」につながる人材が含まれているはずだ。

2020年の東京オリンピックの開催を前に日本政府が「移民国家宣言」を世界に向けて発表すれば、オリンピック見物で東京を訪れる世界各国の人々の中から日本への移民を希望する人材を獲得するまたとない好機となるであろう。

一方、日本が1000万人の移民を擁する移民国家になれば、移民の母国から友人、知人、親族などが観光客として大挙来日することも確実だ。

日本が世界に開かれた「観光立国」でかつ「移民立国」の国になれば、日本と世界各国との間で「人の移動」が爆発的に増え、「人の交流」が拡大し、友好親善関係の輪が広まるだろう。

« »