行政書士会の研修会で「坂中構想」を語った

イベント・講演 坂中提案

2月21日、東京都行政書士会港支部主催の研修会「入管行政について」において丸山和也参議院議員と一緒にパネリストとして参加。同議員の質問に答える形で、日本型移民国家構想を具体的に説明。2月13日の「移民の受け入れ」に関する安倍首相の国会答弁、「週刊東洋経済」(2月22日)の特集記事(人口減少の真実)など、最近の移民政策をめぐる状況の急展開についても紹介。

入管問題、外国人問題の専門家である行政書士の皆さんを前に、100年先を見据えた「坂中構想」を語りました。約60名の参加者は「人口崩壊には移民政策で立ち向かうしかない」という坂中ドクトリンに共鳴された様子でした。「衝撃的な話を聞いた」「感激した」という感想が寄せられました。

長年の親友である丸山和也議員と移民国家への転換を急ぐ必要があるという認識で一致しました。正念場を向かえ、心強い同士が現れました。丸山君の政治力を借ります。

« »