自分の置かれている立場を運命として受け入れる

坂中提案

あまり語られることはないが、平成の日本は人口崩壊へ突き進む国家存亡の危機にある。人口崩壊はすなわち日本の崩壊である。

一国の経済は、子供、成人、老人がバランスよくいてこそ健全に存立することができる。しかし、その人口秩序が大きく崩れる日本では、いかなる経済政策をとろうとも、超少子化と超高齢化の進行とともに経済は衰退に向かう。

私に「起死回生の策」がある。国民が「移民」を歓迎することだ。

生産人口が激減する中で日本経済を成長軌道に乗せることは至難の業である。大量の移民を計画的に入れる「移民政策」こそ経済を長期的に安定させる「経済政策」そのものだと考えている。社会保障制度を守り、財政破たんを免れるのにも移民政策が不可欠だ。

日本国の危急存亡の秋に移民政策一筋の道を歩んできた坂中英徳が革命的な移民政策を引っ下げて現れた。1千万人の移民の助けがあれば持続可能な経済と財政を確立できると主張している。

移民革命の口火を切った以上、自分の置かれている立場を運命として受け入れる。日本の将来は双肩にかかっていることを自覚する。責任から逃げない。

私が移民革命の先導者の重責を全うすれば、平成の大改革が実現し、50年後の移民国家日本は世界で名誉ある地位を占めていると確信する。

そのためには5年は元気で活躍しなければならない。心身とも健康でこの世に存在していなければならない。

最近の移民政策をめぐる状況を見ると、水面下で移民立国への地殻変動が起きようとしていると実感する。5年の命があれば移民国家への道をつける自信がある。

さてこれからどう生きようか。大きな仕事をする人間にふさわしい器にならなければならない。移民立国の大義に殉ずる。無欲の境地をめざす。剣の達人が晩年に達した私心・私欲を捨て去った精神状態である。剣を抜いて闘うことはやめ、剣を鞘におさめ、そこにいるだけで存在理由があるという生き方だ。移民政策理論の精髄を極め、日本の移民政策の象徴的存在になるということ。

無私の精神を追い求める。無我の境地に一歩でも近づけるように努める。世の中を動かそうとする人間は自らも変わらなければならない。私心のある人間の言うことを世間は信用しない。

« »