肩書きのない自然人として人生の幕を閉じたい

坂中提案

2016年の10月に出版した「私家版 日本型移民国家が世界を変える」(移民政策研究所刊)と、同年11月に出版した「私家版 東京五輪の前に移民国家体制を確立したい」(移民政策研究所刊)をもって、私の移民国家理論は完成を見た。これからは、このふたつの論文集を使って移民国家の議論をリードし、移民国家の誕生の日を待つ。遠からず、人口秩序の崩壊に危機感を抱く憂国の士が立ち上がり、日本の精神風土に合った移民国家を創り上げるだろう。

さて、1975年の坂中論文以来、自分が立てた政策目標に追い立てられる人生を駆け抜けてきた。あまりにも遠大な理想を掲げたので、政策実現への道は難航をきわめた。この12年間、移民政策の提言は日本の知的世界から完全に無視されてきた。最近、15年ぶりに会った旧知のジャーナリストから、「坂中さんは余りにも先を読んだ移民政策を立てられた。近く坂中時代が必ず来ます。それに備えて健康に留意してください」と励まされた。

命を大切にするが、命には執着しない。もう十分生きて、自分のやるべきことはすべてやった。日本存亡の危機を救う移民国家の百年の計を立てた。日本国民が世界の先頭に立って人類共同体社会の創造に挑戦する近未来を描いた。移民政策一本槍の人生を貫いた結果、自然の流れで移民革命の先導者という天職を授かる光栄に浴した。

一つ欲を言わせてもらえば、人生の最期のいっときは、目標から解放された無為の人として生きたい。そして、肩書きのない自然人として人生の幕を閉じたい。

« »