精魂を込めて事に当たれば一念天に通ずる

坂中提案

私は1975年の在日朝鮮人政策の立案をもって移民政策論の嚆矢とし、それから今日までの40年間、移民政策の立案とその実践の道を歩んできた。誰もが恐れをなしてさわろうとしなかった移民鎖国体制の打破と、日本独自の移民国家像の創作に挑んだ。孤高の戦いが続く中、自らを叱咤激励して移民国家の根本原理の究明に心血を注いだ。

いまの私は1975年の坂中論文以来40年ぶりにゆったりした気分にひたっている。駆け出しの行政官のときにまるで神業のような移民政策論文を書いたことによる責任の重圧から解放されて心が落ち着いたのだろう。

世界のトップレベルをゆく移民国家の理論的基礎を築いた。日本の人口危機を救う坂中構想の理解者が飛躍的にふえた。そのような新局面を迎えて安心立命の境地に達したのだろう。

自分の実力以上の業績をあげたと思うが、精魂を込めて事に当たれば一念天に通ずるということがあるのだろう。にっちもさっちも行かない困難な状態に追い込まれたときに天が助けてくれた。難局を脱する奇跡が起きて局面が開けた。

運と奇跡が頼りの冒険家のような職業人生が尋常なものでないことは自分でもわかっている。綱渡りの連続の役人生活をすごした。行政官の晩年の地方局長時代には、「坂中英徳は1週間以内に交通事故に遇う」「坂中局長は年金がもらえるかな」と脅迫された。「命あっての物種」と、法務省の幹部から忠告された。「坂中さんは不器用な生き方を貫いた侍」と、同僚が慰めてくれたのを覚えている。

タブーとの闘争に明け暮れるいばらの人生だったが、無人の荒野を一人で突き進み、自分の信ずる道を貫いた。四面楚歌のもと単騎で難敵に挑んだが、最終的には時勢が味方して政策提言の大部分が実現した。移民国家の創建については、最後の最後まで困難が待ち受けていると思うが、国歩艱難の折に遇った稀有の経験と筋書きのないドラマが詰まった波乱の人生に満足している。

« »