第一次産業の瓦解を免れる道は移民政策

坂中提案

 就業者人口の減少が加速している農林業地帯では耕作放棄地が拡大し、日本人が営々と守り続けてきた水田と森林の荒廃が進んでいる。食料・資源の確保のみならず国土・環境の保全を図る見地からも、存亡の危機にある農山村社会を再生させる的確な手を打たなければならない。

 水産業も同じで、海に囲まれ、水産物資源に恵まれているのに、就業者数も漁獲量も減り続けている。

 生産人口減の直撃を受けている第一次産業をどう立て直すか。日本が直面する喫緊の課題である。

 私は、就業者人口の激減で存続が危ぶまれている第一次産業を救済するため、移民の積極的活用を唱えている。いうまでもなく、外国人を人間として社会の一員として迎えるものだ。労働力として外国人を酷使することには反対である。

 農業も林業も漁業も、人間が自然と共生し、自然を相手に仕事をするもので、縄文時代から続く伝統産業である。代々の日本人の英知が結集された産業技術を必要とし、俗にいわれる単純労働なんかでは決してない。

 問題は、日本の歴史遺産の産業技術を継承する人がいなくなり、第一次産業地帯の村々が次々と消えてしまってもいいのかということである。同時にそれは日本古来の伝統文化が絶えていくことを意味する。

 ネクタイを締め、会社でパソコンを相手に仕事をする生き方がすべてではないだろう。そのように私は考えるが、現代の若者は都会生活が好きなようである。

 都会派が中心の少子化世代が担う日本の未来は一体どうなるのだろうか。日本の田舎 生活をいとわない移民の助けを借りなければ、お先真っ暗と言わざるを得ない。

 なお付言すれば、日本の田舎はインフラが整備されていて人情も豊かであるから、今なら海外から移民をひきつけられると考えている。

 生産年齢人口の激減期に入り、第一次産業の瓦解を免れる道はもはや移民政策しか考えられない。国運をかけて国際人材の獲得に乗り出すべきだ。日本崩壊さえ云々されており、一刻の猶予もならない。

 その場合、家族単位の不安定な第一次産業の経営形態を抜本的に見直し、移民の受け皿として安心してまかせられる経営体に改めることが必須条件だ。

 当代の日本人が産業革命を行うのはいやだということであれば、移民の受け入れは頓挫してしまい、日本の第一次産業は人口の自然減とともに消滅への道を歩むことになる。

 無為無策に終始した平成時代の日本人が農業・林業・漁業の自殺をもたらしたと、後世の日本人は憤るだろう。

« »