1. TOP
  2. 政策提言
  3. 移民50年間2000万人が必要

移民50年間2000万人が必要

 コロナウイルス問題の終息の目途が立つと、政府は日本の生き残りをかけて直ちに移民開国を決断すべきだ。それ以外に日本国の延命策はない。

 その場合、これまで私は「移民50年間1000万人構想」を提案してきた。しかし時代を読めない政府の無策が続き、国勢が奈落の底にまで落ち込んだ今となっては「移民50年間2000万人」が必要と考えを改める。「50年間4000万人の人口減少」に持ちこたえる経済力も財政力も今の日本にはないからだ。

 この件についても「移民政策はとらない」と頑強に言い張る内閣総理大臣の猛省を求める。移民開国すら決められない国の明日はないと断言する。