移民革命

移民開国はすなわち「移民革命」である。日本人の心に潜む島国根性をぬぐい去り、移民に閉鎖的な社会経済制度を根本から変革しなければならない。

国民の多くの支持のもとで移民を秩序正しく入れるために、世界各国の国民を公平に入れる移民政策を鉄則とする。そうすれば、広範な移民出身国と日本の間で緊密な関係が築かれ、日本の外交上・安全保障上の利益が増す。国際社会も公正を旨とする日本の移民政策を評価する。

日本発の移民革命は、国際人口移動・経済発展・世界平和の分野で世界に貢献し、日本が移民受け入れのモデル国となる夢をふくらませてくれるだろう。

日本の青少年は、現役時代には重い負担を強いられ、老後には何の福祉も受けられない運命を予感しているせいか元気がない。

どうすれば人口崩壊の重圧をはね返し、若い世代の展望が開けるのか。若者を奮い立たせるような国家ビジョンはあるのか。

答えは明らかである。移民国家の創成を若い世代に託するのだ。日本の未来を担う若者が移民と手を携えて人類未到の多民族共生社会を樹立する。これほど若者のチャレンジ精神をかり立て、元気づけるものはない。

少子化時代に生まれた日本人が、世界の諸民族を広い心で受け入れ、多様な価値観が共存する日本社会を創り、生まれ変わった日本が世界を導く星として煌めく時代を心に描いている。