移民革命家には歴史的事実を記録する義務がある

坂中提案

日本の移民革命を先導してきた私には、未来の国民の参考に供するため、移民政策の立案に関係する事実を記録する義務がある。移民国家への道を切り開いた生き証人として、移民政策に関する歴史的事実を書き残す責任がある。

私は一念発起し、2016年の秋から2017年の夏にかけて、①『私家版 日本型移民国家が世界を変える』、②『私家版 東京五輪の前に移民国家体制を確立したい』、③『私家版 日本の移民政策の展望』、④『私家版 坂中移民政策論集成』、⑤『私家版 移民国家の歴史を記録するのは私の使命』と題する著作を発行した。

移民国家が生まれるまでの歴史を記録にとどめることができてほっとしている。この5冊の私家版が、移民政策研究の古典として今日のみならず明日の日本人からも重宝にされることを念じている。

« »