移民革命は社会革命を伴って日本革命に発展する

坂中提案

以下は、私の移民国家ビジョンに寄せられた感想である。「千年来の移民鎖国からの歴史的転換」(日本文明史家)。「明治維新以上の革命」(外国人問題の研究者)。「移民革命の先導者」(米国人ジャーナリスト)。「日本の救世主」(英国人ジャーナリスト)。

日本の歴史を概観すると、日本人は小さな修正を積み重ねて生き延びるのは得意であるが、大きな改革や革命を好まない民族ではないかと思うことがある。

日本の歴史上、「大化の改新」と「明治維新」は新国家の生誕であった。だが、なぜか日本人はそれを「改新」「維新」と呼んで「革命」とは言わない。日本人は国の断絶を嫌い、国の継続を尊ぶ民族なのだろう。もっとも、日本人は本物の革命をやらなかったのかもしれないが、先人の英知と努力のおかげで日本文明は地球文明のなかで確固たる地位を占めている。

しかし、今日の日本は、世界の歴史に例のない「人口秩序の崩壊」という国家存亡の危機に直面している。前代未聞の危機に対してちまちまとした修正や改革いくらやっても日本民族の永続の可能性は薄いといわなければならない。

私は、人口秩序を正す切り札の移民革命を断行するしか、日本民族の消滅の危機を免れる方法はないと主張している。移民革命は、国籍と民族の垣根を越えて国民と移民が一丸となって日本の一大危機を乗り越えるものであり、社会革命を伴って日本革命に発展する。

人口体系が壊れる民族的危機を克服するため、平成の世に生きる日本人が国運を賭して行う平成革命である。国境の門を移民に全開し、国の形を移民国家に改め、人口ピラミッドを立て直すのだ。未曾有の規模の移民を入れる移民革命は劇薬である。しかし、それはいわば「民族の自然死」に向かって衰弱してゆく日本民族を元気にする万能薬なのだ。

究極の目標は日本文明のルネサンスである。「日本人」と呼ばれる民族が永遠に栄えることである。これは言葉の真の意味での文化大革命だ。

« »