移民革命の主役は国民

坂中提案

 人間不在のままで歴史の必然によって移民国家に成るのはおもしろくない。それでは人間の葛藤もドラマもない。

 移民革命という千年に一回の大改革は国民が主役を務めなければならない。移民政策について徹底的に議論し、多民族国家を創るというビッグチャンスをものにすべきだ。

 国民の希望や熱意が国を動かし、国の形を変えるのである。同時に国民も大きく変わらなければならない。そこから新たな日本の歴史が始まり、ドラマも生まれる。

 私は、35年にわたる行政経験を生かし、100年先を視野に入れた移民国家構想を立てた。野心的といえばこれほど野心的な国家ビジョンはないのではないか。

 私が唱える「多民族共生国家への道」は理想論あるいは壮大なユートピア計画と言われるが、その批判は当たっている。問題は、それが普遍妥当性を持ち、多くの国民の共感を得られるかである。

 私は日本を愛する普通の日本人である。人口危機の日本を救いたいという一心から、新しい国家像を確立した。しかし、それが日本人の心にどこまで届いたかについては自信がない。

 移民に対する日本人の感情が好転し、日本人が移民と共に生きることに心の底から喜びを見いだすようになるまでには長い年月を要するのだろう。

 日本人の教養の程度は世界の最高水準にあると言っても過言ではない。やおよろずの神々を受け入れてきた日本人は決して排他的な民族ではない。地球上のどの民族よりも広い心で移民を迎える素質があると信じる。

 100年後の日本人は、人類が理想とする「多民族共同体」を築いているだろう。100年前にそれを予言した日本人がいたと言われる日を夢見ている。

 私の親友に敬虔なイスラム教徒がいる。25年前に難民として日本に来たパキスタン人である。

 彼は私の移民革命の信奉者である。この2月、その彼が大胆なことを言った。

 〈坂中さんの唱える移民革命思想は世界の平和に貢献する。神の加護があるから移民革命は成功する。坂中さんは世界の救世主になる。〉

 日本オリジナルの移民革命を神様が助けてくれると言われて驚いた。彼の長年の友人の医師によると、信仰心の厚い彼の予言は不思議と的中するということである。

« »