移民革命の主役は国民

坂中提案

日本人が積極的にそれにかかわらず、歴史の必然や外圧によって移民国家になるということでは後世に禍根を残す。それでは国民が燃えるような精神の高揚を感じることもない。歴史的な仕事に参加したという達成感も得られない。

移民国家の創立という千年に一回の大舞台で主役を演ずるのは国民だ。移民政策について徹底的に議論し、新しい国づくりに主体的に参加し、多民族共同体国家を創るビッグチャンスを自分のものにしてほしい。

国民の希望と熱意で国を動かし、国の形を変える。同時に、心にしみついた島国根性を改め、博愛の心をはぐくむ。そこから新たな日本文明が始まる。日本国民が主役を務める壮大な歴史ドラマが展開される。

私は全面崩壊の危機にある日本を救いたい一心で、日本人と移民が平和共存する移民国家像を描いた。しかし、それが日本人の心に届いたかどうかについては自信がない。

移民に対する日本人の感情が好転し、日本人が移民と共に生きることに心の底から喜びを感じるようになるまでには長い年月を要するのだろう。

日本人の教養レベルは世界の最高水準にあると言っても過言ではないだろう。八百よろずの神々を信仰する日本人は決して排他的な民族ではない。地球上のどの民族よりも広い心で移民を迎える素養がある。

100年後の日本人は、世界の先頭を切って多民族共同体社会を築いているだろう。100年前にそれを予言した日本人がいたといわれる時代を思い浮かべている。

« »