移民革命のオピニオンリーダー

坂中提案

私の立てた移民国家ビジョンについて、次のような感想が寄せられている。「千年来の移民鎖国からの歴史的転換」(日本文明史家)。「明治維新以上の革命」(外国人問題の研究者)。「壮大なユートピア計画」(日本人ジャーナリスト)。「移民革命の先導者」(米国人ジャーナリスト)。「日本の救世主」(英国人ジャーナリスト)。「ミスターイミグレーション」(日本外国特派員協会幹部)。

日本の歴史を概観すると、日本人は小さな改正を続けて生き延びるのは得意だが、根本的な変革や革命は好まない民族ではないかと思うことがある。

日本の歴史上、「大化の改新」と「明治維新」はれっきとした新国家の建設であったが、なぜか日本人はそれを「改新」「維新」と呼んで「革命」とは言わない。日本人は国の断絶を嫌い、国の継続を尊ぶ民族なのだろう。もっとも、日本人は革命をやらなかったかもしれないが、先人の英知と努力のおかげで日本文明は地球文明のなかで確固たる地位を占めている。

しかし、今日の日本は、世界の歴史にもあまり例のない「人口秩序の崩壊」という国家滅亡の危機にある。日本文化の担い手が消えてゆく開びゃく以来の危機に臨んで、ちまちました改革をいくらやっても今度ばかりは日本民族の永続の可能性は薄いと直感的に判断した。日本の歴史に例のない危機には本物の「革命」で応じなければならないと自覚した。

それで国家公務員の職を辞した2005年から今日まで、移民革命のオピニオンリーダーの役を担ってきた。世の中から危険人物呼ばわりされているが、自分では日本再生に命をかける愛国の士と思っている。人一倍憂国の情が厚い日本人である。

前例のない規模の移民を迎える移民革命は劇薬だ。しかし、それはいわば「日本民族の自然死」の進行に待ったをかける万能薬である。

究極の目標は日本文明のルネサンスだ。日本人と呼ばれる民族が地球上に永遠に存在することである。

われわれの祖先は不屈の精神で幾度もの民族的危機を乗り越えてきた。人口ピラミッドの崩壊が引き起こした民族消滅の危機も、日本人は断固たる決意で移民革命を行って切り抜けると確信する。

« »