移民立国

坂中提案

私は法務省入国管理局を退職した直後の2005年4月、間近に迫る人口ピラミッドの崩壊は国家と民族の存亡にかかわるので何とかしなければならないと思った。その時には、人口問題と移民政策の関係についての研究の積み重ねがあったので、人口問題の根本的解決策は最大規模の移民受け入れというアイディアは固まっていた。

そして同年8月、人口減少社会の移民政策を具体的に研究する民間団体として「外国人政策研究所」(移民政策研究所の前身)を設立した。その研究成果である政策提言が、2007年2月に打ち出した、50年間で移民1000万人を人材育成型の移民政策で入れる「日本型移民国家構想」である。

50年かけて1000万人の移民を秩序正しく入れることは可能だと考えている。日本には移民が働くための産業基盤も移民を教育するための教育機関も整っている。さらに、日本人には移民をやさしくもてなす心がある。

1000万人という移民の数は、総人口に占める移民の割合を10%程度におさえるものだ。これは現在の英国、ドイツ、フランスとほぼ同じ人口比率の移民人口である。

現在の日本の移民人口の比率は1・6%である。これを50年の長期計画で移民の割合を着実に増やしてゆき、最終的に今の欧米の移民先進国の水準に近づけるというものだ。日本の国力と民力をもってすれば比較的容易に達成できる目標である。

政府は子育て支援など少子化対策に取り組んできたが、出生率は低水準のまま推移している。移民鎖国のままだと、人口崩壊の道連れになって地獄の一丁目と遭うことになる。

日本政府に訴える。座して死を待つ態度をとるべきではない。移民立国に国運をかけるべきだ。

今の日本が世界に向かって緊急にアピールすべき国家政策は何か。日本の最高のセ―ルスポイントになるものは何か。それを一つ挙げろと問われれば、私は「移民の開国」と答える。

移民先進国が移民を受け入れる余力を失いつつある中、世界中の人びとはこぞって日本の移民開国を歓迎する。「移民に冷たい国」から「移民に暖かい国」へと、世界の日本イメ―ジは一変する。世界の諸民族が和の心で平和共存する「平和国家」の日本像が形成される。

2020年の東京オリンピックの開催の前に政府が「移民国家宣言」を世界に向けて発表すれば、オリンピック見物で日本を訪れる2000万人の外国人観光客の中から日本への移民を希望するえり抜きの人材を獲得できる。こんなビッグチャンスは二度とめぐってこない。

安倍晋三首相にお願いがある。2020年を「移民元年」にしてほしい。首相が歴史的決断を下し、千載一遇の機会をつかめば、日本は世界の多士済々が集まる移民国家へと華麗に転身する。

« »