移民時代の日本語教育

坂中提案

 日本人と移民が共生する社会をつくるためにも、移民に対する日本語教育が重要である。日本語のできる外国人となら、日本人はすぐにうちとけ親しくなる。日本語をマスターした外国人は、日本的思考や日本的美意識をある程度理解できるようになる。さらに努力すれば、日本の知識人と五分の議論ができるようになるであろう。あるいは、日本人の行動美学に共鳴する、こころは日本人よりも日本人の外国人が現れるかもしれない。

 移民に日本社会の多方面で活躍してもらうため、日本語をしっかり勉強してもらう。移民が日本の土地になじんで幸せに暮らすには、日本語が話せるだけではなく、一定の読み書き能力が不可欠である。

 世界各国の人々が使う「にほんご」の視点から、移民時代のコミュニケーション手段としての日本語のあり方を真剣に考える必要がある。人材育成型移民政策の大黒柱となる日本語教育制度の充実・強化は待ったなしだ。たとえば、経済連携協定による看護師、介護福祉士の受け入れで明らかになったように、移民受け入れの成功の鍵は日本語能力にある。農業、工業など就労分野が変っても移民政策における日本語のもつ重要性は変わらない。

 日本語教育はボランティア任せではいけない。外国人に速く正確に教える専門性が求められる。国語教育の延長では太刀打ちできない。それはプロの日本語教師の仕事である。

 国に提案がある。日本語教育の水準を高め、日本語教師の社会的地位の向上を図るため、日本語教員免許証制度を創設してもらいたい。世界各国から多数の移民を迎える移民時代に入ると、プロの日本語教師が引っ張りだこになる。ふくれ上がる需要に即こたえられる日本語教師の養成は急務だ。

 移民政策の成否は、外国人が日本の高等職業専門学校や大学に合格できる日本語レべルに達するよう、入国前と入国後に、日本語をみっちり教えるかどうかで決まる。そのためには、外国人に短期間でかつ正確に日本語の基本体系を教える日本語教育法の研究開発を急ぐ必要がある。

 なかんずく、入国前に、現地の日本語教師が、現地のことばで、日本語の基礎知識を教える「日本語教育センター」を主要移民送り出し国に設置してほしい。また、日本語を学ぶ外国人が最も苦しんでいる漢字の問題を解決するため、外国人が簡単に漢字を覚える方法を専門家に考えてもらいたい。

« »