移民政策研究所所長の研究三昧の日々は終わり

坂中提案

私は数多くの論文、著書をものしたが、もともはアマチュアの物書きにすぎない。移民政策を発表する必要に迫られ、我流で論文を書いてきた。その大半が「はじめに政策ありき」で書いた政策論文である。

およそ日本の未来を決めるような国家政策の提言は、しっかり腹を据え、よほど説得力のある理論を構築しなければならない。それが国家と国民に利益もたらすものであったかどうかは歴史が証明する。将来世代から結果責任が厳しく問われる。だから、利口な政治家や知識人は、触らぬ神にたたりなしを決め込んで、移民国家の建国のような大構想には手をつけようとしないのだ。

当代の知的世界に国家百年の大計を立てる見識と勇気のある日本人はほかにいなかったということなのだろう。もしくはミスターイミグレーションの名で世界に知られる日本の移民政策研究の第一人者に白羽の矢が立ったということなのだろう。人口崩壊の危機にある日本を救う大役が回ってきた。当代の日本人に課せられた責任としてこれ以上に重いものはないと自覚している。決して逃げてはならない状況に置かれていることも認識している。

法務省入国管理局の行政官時代、『今後の出入国管理行政のあり方について』(1975年)、『在日韓国・朝鮮人政策論の展開』(1999年)、『日本の外国人政策の構想』(2001年)、『入管戦記』(2005年)など、国のあり方を根本的に問う著作を発表した。役人生活の晩年の地方入国管理局長時代には、移民国家のあるべき姿について思索にふける日々を送った。

2005年に法務省を退職後は、移民政策研究所を根城にし、世界のどの国にも負けない移民国家構想を立てる野心を抱き、移民政策の理論的研究に打ち込んだ。

この12年間、『日本型移民国家の構想』(2009年)、『日本型移民国家への道』(2011年)、『人口崩壊と移民革命』(2012年)、『日本型移民国家の創造』(2016年)、『私家版 日本型移民国家が世界を変える』(2016年)、「私家版 東京五輪の前に移民国家体制を確立したい』(2016年)、『私家版 日本の移民政策の展望』(2017年)など、移民政策関係の著作を切れ目なく出版した。

ここ一番の大勝負に打って出るタイミングで、世界の移民国家をリードする日本型移民国家構想の全体像の完成を見た。これをもって移民政策研究所所長の研究三昧の時代は終わった。

満を持して、移民受入れ賛成の国民世論の追い風に乗って、これからは政治の心臓部を動かす仕事に専念する。

« »