移民政策研究所所長の歩み

坂中提案

私は2005年8月、日本が人口減少時代に入ると、移民の受け入れが喫緊の課題になると考え、人口減少社会における移民政策に関する提言作りを目ざし、民間の研究機関「外国人政策研究所」を創立した。さらに2009年4月、その組織体制を拡充した「一般社団法人移民政策研究所」を設立した。

移民政策研究所(Japan Immigration Policy Institute)は、移民に対する不当な差別または偏見の防止および根絶を図り、もって日本型多民族共生社会を創ることを目的として結成された一般社団法人である。

移民政策研究所所長の歩みを振り返ると、移民国家構想が国民からも知的世界からも無視される時代が続くなか、日本の未来を決める責任を果たせるのかと一人で悩み、なにもかもほうり投げたい気持ちにかられる時があった。一方で、人口崩壊の脅威にさらされている祖国を救うため移民国家の旗を降ろすわけにいかないと責任を痛感する時があった。

ところが2013年の春、突如、心の悩みが消えた。新しい国を作るという歴史的な役割を演じる運命を受け入れ、世界のモデルとなる移民国家像を創作することが、私に課せられた使命であるという境地に達した。

現在は、移民国家の創始者の天職を授かった運命に感謝し、100年後の世界のあるべき姿を視野に入れ、日本の精神文化の粋を集めた移民国家の創建に挑んでいる。

以下は、この10年間に発刊した移民政策関係の著作一覧である。坂中移民国家創成論は、その骨格は変わらないが、新しいアイディアが加わり、思想が深化し、説得力が増したと、自分では思っている。これらの著作物は、移民政策研究のとりこになった移民政策研究所所長の努力の結晶である。近未来の地球時代に生きる世界市民の理解が得られるかもしれない。とりわけ人類共同体思想が評価されるかもしれない。

①『移民国家ニッポン――1000万人の移民が日本を救う』(共著、日本加除出版、2007年)

②『日本型移民国家の構想』(移民政策研究所、初版2009年6月、増補版同年9月)

③『Towards a Japanese-style Immigration Nation』(移民政策研究所、2009年)

④『日本型移民国家の理念』(移民政策研究所、2010年)

⑤『日本型移民国家への道』(東信堂、初版2011年、増補版2013年、新版2014年)

⑥『人口崩壊と移民革命――坂中英徳の移民国家宣言』(日本加除出版、2012年)

⑦『Japan as a Nation for Immigrants』(移民政策研究所、2015年)の

⑧『日本型移民国家の創造』(東信堂、2016年)

⑨『私家版 日本型移民国家が世界を変える』(移民政策研究所、初版2016年10月、改訂版2017年2月)

⑩『私家版 東京五輪の前に移民国家体制を確立したい』(移民政策研究所、初版2016年11月、改訂版2017年3月)

« »