移民政策研究所所長の時代(回想)

坂中提案

私は2005年8月、日本が人口減少時代に入ると、移民の受け入れが喫緊の課題になると考え、人口減少社会における移民政策に関する提言作りを目ざし、民間活動団体「外国人政策研究所」を創設した。さらに2009年4月、その組織体制を拡充した「一般社団法人移民政策研究所」を設立した。

移民政策研究所(Japan Immigration Policy Institute)は、移民に対する不当な差別または偏見の防止および根絶を図り、もって日本型多民族共生社会を創ることを目的として結成された一般社団法人である。

移民政策研究所所長の10年を振り返ると、移民国家構想が国民からも知的世界からも完全に無視される時代が続き、日本の未来を決めるような重い責任を一人で背負い切れるのかと悩み苦しみ、なにもかもほうり投げたい気持ちにかられる時があった。一方で、人口崩壊の脅威にさらされている祖国を救うために移民国家の旗を降ろすわけにいかないと使命感に燃える時があった。そんな心の葛藤の日々が続いた。

ところが2013年の春、突如として心境の変化が起きた。歴史的な仕事にめぐり合った天運に従い、世界のモデルとなる移民国家像を創作することが私の使命であると自分の運命を悟った。
 
現在は、移民国家の設計者の天職を授かった運命を受け入れ、日本の精神文化にかなった移民国家の創作に挑んでいる。以下は、この10年間に発行した移民政策関係の著作一覧である。

 ①『移民国家ニッポン――1000万人の移民が日本を救う』(共著、日本加除出版、 2007年)
 ②『日本型移民国家の構想』(移民政策研究所、初版2009年6月、増補版同年9月)
 ③『Towards a Japanese-style Immigration Nation』(移民政策研究所、2009年)
 ④『日本型移民国家の理念』(移民政策研究所、2010年)
 ⑤『日本型移民国家への道』(東信堂、初版2011年、増補版2013年、新版20 14年)
 ⑥『人口崩壊と移民革命――坂中英徳の移民国家宣言』(日本加除出版、2012年)
 ⑦『Japan as a Nation for Immigrants』(移民政策研究所、2015年)

人口激減時代の生産者人口と消費者人口を補うため、いったいどのくらいの移民を受け入れる必要があるのか。移民にどんな産業分野・職種に就いてもらうべきか。どのような仕組みで移民を受け入れるべきか。どの国からどのくらいの数の移民を入れるのが適当か。政府は移民をどのように処遇する必要があるのか。日本人と移民がひとつの国民としてまとまる社会をどうすればつくれるのか。

以上のような具体的な問題意識をもって思索を進め、前記10冊の本を世に送り出した。10年の足跡を振り返ると、著作物が論評の対象にすらならず、移民問題が国民の口にのぼらず、総じて泣かず飛ばずの日々であった。砂漠に水をまいているような無力感に襲われる日が続いた。
 
しかし、2015年に入って、業績の一端が一般に知られるようになった。『新版日本型移民国家への道』(2014年刊)を読んだ政界・官界・経済界の有力者から「移民政策を推進すべし」との声があがった。移民政策論文を書き続けた努力が報われる日は近いと感じる。

« »