移民政策研究所ホ―ムぺ―ジの「オピニオン」および「English」の項の全面改正について(お知らせ)

坂中提案

2014年に入り、移民政策研究所のホームページへのアクセス件数が増えています。昨年12月は1日あたり1250件であったのが、2月は3222件に、5月は5046件へと急増しました。これは国民の移民政策に寄せる関心の高まりを示すものです。

最近の移民政策をめぐる状況に鑑み、移民政策研究所のホームぺ―ジの「オピニオン」の項の内容を「日本型移民国家大綱ー人類共同体の創成に挑む」から「日本の移民国家ビジョンー人類共同体の創成に挑む」へ、「English」の項の内容を「Japan as Nation for a Immigranntsーa Proposal View」から「Japan as a Nation for Immigrants:A proposal for a Global Community of Humankind」へ改正しました。

なお、新しい論文(日本文、英文)は、もともと、4月25日、南カリフォルニア大学主催の「日本の移民政策に関するシンポジウム」で坂中英徳が行った基調講演のためのスピーチ原稿として作成したものです。
No.507-1

« »