移民政策研究所―賢人雅士が清談するシンクタンク

坂中提案

老い先の短い人間が大きな夢を抱いてはいけないという法はないだろう。大志をいだくのは青年の特権というわけでもあるまい。40年間移民政策について深く考えてきた老人にしか描けない移民国家像もあるのではないか。

私は60を超えてから日本国の百年の計を立てた。日本の歴史はじまって以来の人口崩壊の危機を日本飛躍の好機ととらえ、移民立国で日本民族と世界の諸民族が一つになる「多民族共同体」の創造を目指す。

6月30日、老いてなお闘志をかき立てる出来事があった。大学時代の親友たちが、一般社団法人移民政策研究所の新理事として私を支えるため駆けつけてくれた。私の移民革命思想に共鳴し、余生を新国家の創建にささげたいという。こんなうれしいことはない。

陣容が整った移民政策研究所は、賢人雅士が天下国家のことを清談し、新しい日本を生み出すシンクタンクである。いざ出陣。

« »