1. TOP
  2. 政策提言
  3. 移民政策研究一路の道

移民政策研究一路の道

1975年に『今後の出入国管理行政のあり方について』という課題論文を書いたことが私の運命を決定した。移民政策研究一本の道を歩むことになった。一本の論文が一人の国家公務員の生き方を決めたのである。

その日から45年の月日が過ぎた。その間、坂中論文の名に恥じぬ論文を書くことを誓い、世界トップレベルの政策論文をコンスタントに書いてきた。それが実を結び、坂中論文の究極の発展形態と言うべき移民国家ビジョンが、人口ピラミッドが崩壊する日本の未来を決める国家百年の大計に発展した。のみならず世界の移民政策をけん引する理論に躍り出た。

坂中論文以後の努力の結晶が40冊余の著作である。これらの作品はすべて国のあり方を根本から問うものだ。中でも役人を辞めた2005年以後に書いた25冊余の著作は移民国家の創建を視野に入れた移民立国論である。

移民政策のプロフェッショナルの人生を思い起こすと、とりわけ法務省入国管理局の地方局長時代の1997年から移民政策研究所の所長時代の2020年までの23年間は、日本型移民国家理論の完成に全精神を傾けた。

移民政策の立案という重い主題と根気よく取り組んだ成果物が、『在日韓国・朝鮮人政策論の展開』(日本加除出版、1999年)、『日本の外国人政策の構想』(日本加除出版、2001年)、『入管戦記』(講談社、2005年)、『日本型移民国家の構想』(移民政策研究所、2009年)、『日本型移民国家への道』(東信堂、2011年)、『人口崩壊と移民革命――坂中英徳の移民国家宣言』(日本加除出版、2012年)、『日本型移民国家の創造』(東信堂、2016年)、『日本の移民国家ビジョン』(移民政策研究所、2018年)、『日本型移民政策論集成』(移民政策研究所、2019年)などの著作群である。

そして2020年2月、『JAPAN AS AN IMMIGRATION NATION』(LEXINGTON BOOKS 2020)を発刊した。私はこれを日本型移民政策理論の世界展開の象徴と考えている。なお、出版社は日本政治思想史に関する学術論文と位置づけている。

以上、これを要するに、坂中論文:『今後の出入国間行政のあり方について――坂中論文の複製と主要論評』(日本加除出版、1989年)を大黒柱とし、その後に執筆した論文集を支柱とし、これらを体系的にまとめたものが坂中移民国家創成論である。坂中論文を移民政策理論の根本にすえ、それ以後に理論展開した移民政策論文集が骨となり肉となり血となり、日本型移民国家制度の土台となる理論が完結した。