1. TOP
  2. 政策提言
  3. 移民政策学の泰斗に日本の生死が託された

移民政策学の泰斗に日本の生死が託された

入管時代、本業に専念しながら、本務の延長線上の仕事として深夜の時間帯に移民政策のことを考えるのを常とした。その努力の結晶が、『今後の出入国管理行政のあり方について』(1977年、自費出版)、『在日韓国・朝鮮人政策論の展開』(1999年、日本加除出版)、『日本の外国人政策の構想』(2001年、日本加除出版)、『入管戦記』(2005年、講談社)などの著作物である。

以上のように「あり方」「政策論」「構想」「戦記」と銘打った論文集を出版したが、移民国家構想のような国の姿かたちを根本的に変える政策を立案すること以上に文責の重いものはない。国の興亡に直結するから失敗は絶対許されない。的を射た問題提起と核心をつく解決策を提案しなければ国民の理解が得られない。政策提言が正しかったかどうかは歴史が証明する。つまり、新しい国のグランドデザインを描く設計者にはぬきんでた構想力と時代を見抜く眼力が要求される。さらに、紙に書いた青写真を必ず実行する強い意志も必要である。

そういう星の下に生まれたということなのだろう。移民政策学の泰斗に日本の生死が託された。衆目の一致するところにより坂中英徳が余人をもって代えがたい存在と認められたのである。移民政策学の創始者としての実績が評価されたのだろう。日本史上最大の革命劇において主役を演じる立場になった。

2019年10月現在の私は、50年の歳月をかけて新しい国づくりに挑戦し、移民政策理論の頂点を極める地点にまで到達し、「待てば海路の日和あり」の心境である。

国民の声援を受けて誕生する移民国家日本が健やかに成長し、移民国家の最高峰に上り詰めることを祈っている。