移民政策三昧の地方局長時代

坂中提案

法務省時代、1997年4月の人事異動で仙台入国管理局長の辞令を受けた。以後、二度と法務本省で勤務することはなかった。

福岡入国管理局長、名古屋入国管理局長、東京入国管理局長のポストを歴任し、2005年3月、法務省を退職した。

8年間の地方局長時代、何をやったのか。暇をもてあましていたわけではない。実は、ルーチンワークをこなすかたわら、執筆活動に精を出していたのだ。その成果物が、次の6冊の本である。

①『出入国管理及び難民認定法逐条解説 新版』(共著、日本加除出版、1997年)
②『在日韓国・朝鮮人政策論の展開』(日本加除出版、1999年)
③『出入国管理及び難民認定法逐条解説 全訂版)』(日本加除出版、2000年)
④『日本の外国人政策の構想』(日本加除出版、2001年)
⑤『外国人に夢を与える社会を作る――縮小してゆく日本の外国人政策』(日本僑報社、 2004年)
⑥『入管戦記』(講談社、2005年)

もう一つやったことがある。1997年の夏から、10年以内に訪れる人口減少社会の移民政策のあり方について思索する研究三昧の生活を送った。その努力の結晶で坂中移民国家論の原型といえるのが、前記の『入管戦記』(第9章「2050年のユートピア」と、第10章「『小さな日本』と『大きな日本』」)である。

役人時代の晩年は充実したものだった。退職後の飛躍につながる雌伏8年であった。地方入管局長時代、来るべき人口減少時代をにらんで移民政策研究に励んだ結果、「ミスターイミグレーション」と呼ばれる今の自分があると思っている。

« »