移民政策をすすめる会の発足

坂中提案

6月22日、移民を求める世論の高まりに呼応して、「移民政策をすすめる会」(野田一夫会長、坂中英徳政策アドバイザー)が発足した。野田一夫先生を長とする22名の精鋭が、各界各層の移民賛成の声を結集し、移民国家創建の歴史的決断を内閣総理大臣にお願いするため立ち上がった。

4月18日の朝日新聞の移民に関する世論調査の結果によると、「永住を希望して日本にやってくる外国人を、今後、移民として受け入れることに賛成ですか。反対ですか」の質問に対して、移民に賛成が51%、移民に反対が34%で、賛成が反対を上回った。これは驚くべき数字である。移民受け入れをめぐる世の中の空気は劇的に変わった。今こそ移民推進論者の出番である。

一方、最近の移民亡国論者の動きを見ると、ヘイトスピーチ団体など移民反対派の運動は失速する可能性が高い。国民の圧倒的多数は人種憎悪団体や排外主義者にくみしないことが明らかになった。

人口崩壊の危機が迫る日本を救うべく集まった憂国の士が、移民国家への道は最終段階に入ったとの共通認識に立って、産業界、教育界、地方公共団体など諸団体の移民賛成の声を吸い上げ、掘り起こし、盛り上げ、それを政治に伝える先導役をはたす。

日本は移民国家に生まれ変わる千載一遇の機会とめぐり合った。2020年の東京五輪の開催である。首都東京を筆頭に全国いたるところで少子高齢化が猛烈な勢いで進行中の日本は、移民国家として世界に飛躍する天の時を得た。

国民は千年に一回の移民革命を行う覚悟を決める。政府は移民立国の国民合意を取りつけるため東京オリンピックを最大限活用する。

こんなビッグチャンスは二度と巡ってこない。オリンピックの大舞台で移民国家ジャパンの華麗な姿を披露すれば、世界各国の人々は拍手喝采で迎え、世界の若者は移民の期待に胸を膨らます。

移民政策をすすめる会の初会合では、5時間にわたって熱気あふれる議論が戦わされた。この日88歳の誕生日を迎えられた野田一夫先生は最後まで議論に参加され、私たちを導き、私たちに檄を飛ばされた。日本を代表する知識人の謦咳に接した若い人たちにとってこの日は生涯忘れられない日になったと思う。私は革命前夜の感慨にひたった。

2015年6月22日は移民革命の志士たちが決起した日として日本の歴史に刻まれるであろう。

« »