移民政策への国民の理解を得るには厳格な入国管理が不可欠

坂中提案

法務省入国管理局の役人時代、私は不法外国人や外国人を食い物にするブローカーなどから「鬼のようにこわい人」とおそれられていたという話だ。異論はない。公正な出入国管理を行うことを定めた入管法に基づき、不法入国者や不法滞在者に対して厳正な処分を行ったのは事実である。

そんな入国管理一辺倒の人間がいきなり1000万人の移民の受け入れを言い出したのだから驚かれた人もいたと思う。一方、出入国管理秩序を守るため厳格な入国管理に努めた元入管職員の政策提言ということで、政府部内において信頼できる移民政策と真剣に受け止められた面もあるようだ。

「反骨の官僚と呼ばれた入管のプロが言うのだから信用できる」「なるほどそういう考えもあるのか。説得力がある」といった感想が寄せられている。

来るべき大量移民時代の日本は、移民受け入れ計画に従って正面から入る移民を歓迎する一方で、テロリストや犯罪者や不法移民など裏門から潜り込もうとする外国人を徹底的に取り締まらなければならない。

入管問題に携わった元行政官としていちばん気がかりな点は、巨大な人口と経済成長を背景に就労人口を押し出してくる中国の存在である。古巣の入管が全力で中国人の入国問題に対処するようお願いする。

出入国管理が十分機能しなければ、移民政策に対する国民の理解も協力も得られない。もし日本人の外国人像がテロや犯罪や不法就労といった負の要素と結びつけば、移民の受け入れは頓挫してしまう。日本人と外国人が共生する社会も実現できない。

国民の外国人イメージを悪化させないためにも、不法外国人の入国・在留を許してはならない。

出入国管理の関係部署がよく職責をはたし、育成型移民政策による移民の受け入れが順調に進めば、「いい外国人が大多数で問題のある外国人が少しいる」というあたりで国民の外国人観は落ち着くと予想される。その線までいけば、「世界の多彩な顔ぶれがそろう多民族社会は理想郷」という国民の合意が形成される日も遠くないだろう。

« »