移民政策は最高の外国人受け入れ方法

坂中提案

外国人の受け入れの歴史を見ると、欧米諸国おいては、最初は奴隷として、その後は外国人労働者として入れてきた。今日の世界では、移民政策が最高の外国人受け入れ方法とされている。

移民の地位で外国人を迎えることによって初めて、移民教育、国民との共生、社会統合、家族の結合、社会保障制度の移民への適用が視野に入ってくるからだ。

外国人労働者はその性質上、産業界が労働力として必要な時に入れて必要がなくなれば追い返すものである。彼らは社会の一員でも将来の国民でもない。

移民は日本に永住し、国民になる可能性のある外国人である。「日本人との共生」と「国民統合」が課題になる。移民政策が正しい受け入れ方法とされるゆえんである。

国民の減少が続く日本では、国民の増加に結びつく移民政策以外の選択肢はあり得ない。将来の国民として、生活者として、働き手として、移民とその家族の入国を認めるのが正解である。

付言すると、日本独自の育成型移民政策を採用すれば、入国時の移民の大半は10代・20代の留学生であるから、移民どうしの結婚はもとより、日本人との結婚も多数にのぼると予想される。移民の結婚が増えれば、移民2世が続々誕生し、少子化の進行に一定の歯止めがかかるだろう。

« »