移民政策は最善の外国人受け入れシステム

坂中提案

私はいろんな人からなぜ「移民」なのですかと聞かれることが多い。答えはいつも同じで、「人口減の日本にとって移民政策は最善の外国人受け入れシステムですから」である。

移民は、人口が激減してゆく日本にとって強力な助っ人であって、必要欠くべからざる存在だ。

勤労者、納税者として地域経済と社会保障制度を支えてくれる。生活者、消費者として地域の安定と内需の拡大に貢献してくれる。

入国時の移民の大半は若い独身者を予定しているから、移民同士の結婚はもとより日本人との結婚も多数にのぼるだろう。近時の国際結婚の増加が示すように、外国人との結婚に対する日本人の抵抗感は希薄である。日本人と移民の結婚が増えれば二世が続々誕生し、少子化の進行に一定の歯止めがかかることが期待できる。

外国人労働者は、本質的に、日本人と共生する存在でも将来の国民でもないから、およそ人口が減少する国の求める人ではない。

国民の数が加速度的に減ってゆく日本が必要とする人は永住外国人すなわち移民である。「永住者」という外国人として最高の資格を得た移民は子々孫々まで日本に住む決意で仕事に励む。日本人と平和共存し、日本社会に溶け込む。やがて大半が日本国民になる。

実は、移民の受け入れこそ、人間が売買された奴隷制度に代表される異民族虐待の歴史を経て、今日の人類が到達した最善の外国人受け入れシステムなのである。

« »