移民政策の象徴として最後の花道を飾りたい

坂中提案

今の日本は人口崩壊へと突き進む国家存亡の危機にある。人口崩壊はすなわち日本の崩壊である。たとえば経済はどうなるのか。

一国の経済は、子供、成人、老人がバランスよくいてこそ健全に存立することができる。しかし、その人口秩序が大きく崩れる日本の経済の前途は絶望的である。あらゆる経済政策を動員したとしても、超少子化と超高齢化の進行とともに日本経済は衰退の一途をたどる。これは経済学の常識である。

生産人口と消費人口が激減する中で日本経済を成長軌道に乗せることは不可能だ。唯一の策がある。人口の激減を緩和するため1000万人規模の移民を入れることだ。人口崩壊時代の移民政策は経済を安定軌道に乗せる経済政策の最たるものだ。社会保障制度を守り、財政破たんを免れるにも大胆な移民政策の導入は待ったなしだ。

未曾有の危機にある日本を救うため、ミスターイミイグレーションと呼ばれる移民政策のオーソリティーが現れた。1000万人の移民が生産人口に加われば持続可能な経済の見通しが立つと政府に直言した。

移民革命の先導者の立場を宿命として受け入れる。移民国家の大儀に殉ずる覚悟はできている。

日本型移民国家構想の立案者としての責任を全うすれば、平成の大改革が実現し、50年後の移民国家日本は世界で名誉ある地位を占めているであろう。

最近の移民政策の急展開から判断すると、日本のビッグバンは近いと予感する。移民国家の姿を視界にとらえた。移民国家への道は最終局面に入ったようだ。

「移民政策の象徴として最後の花道を飾りたい」。人生の山場を迎えた今の私の心境である。

« »