移民政策に関心を持つ中高生 

坂中提案

(1)2014年8月、都内の高校に通う女子生徒(3年)が訪ねてきた。「日本の移民政策と日本語教育」のテーマで1万2000字の卒業レポートを書くのだという。
 彼女は移民政策研究所のホームページの坂中提案を熱心に読んでおり、移民に対する日本語教育の重要性を理解している。また、人材育成型移民政策のエッセンスをのみこんでいる。よって私の教えることはあまりないと、話をはじめてすぐにわかった。
 そこで、英語もしくは母国語による日本語教育法の開発の必要性や、パソコンを使った漢字教育法の導入、八百よろずの神々を信仰する日本人の宗教心と移民受け入れとの関係などについて討論した。会話が弾んで楽しかった。
 最近、彼女の学ぶ高校の先生と塾の先生が授業で「移民の受け入れをどう思うか」を各生徒に質問したということである。それで彼女は移民問題に関心を持つようになったのだという。移民の受け入れが高校生の世界で話題になっていると聞いてうれしかった。来年大学に入学したらまた会いましょうと約束して別れた。その女子生徒は移民政策の専門家として大成するかもしれないと感じた。

(2)2015年11月、中学2年生が訪ねてきた。学校に提出するため、移民問題に関するレポートを書くのだという。
 彼は移民政策研究所のホームページの坂中提案を読み、移民政策の必要性を理解している。人口崩壊の問題についても関心が深い。人口問題と移民政策の関係、坂中移民政策論の要点など鋭い質問を連発してきた。1時間30分、ハイレベルの議論ができた。その中学生の知的水準は高い。将来が楽しみである。
 14歳の中学生が移民政策に関心を持っていることは驚きだ。楽しいひと時をすごした。日本の未来は心配ないと思った。『入管戦記』「新版 日本型移民国家への道』『Japan as a Nation for Immigrants』をプレゼントした。将来の再会を約してわかれた。

 

« »