移民政策に生涯をかける変わり種 

坂中提案

まさにいま、人口激減に原因する国家存亡の危機に対処するため、時代は国家の急を救う人物を必要としている。しかし、百年先を見通し、世界的なスケ―ルで考える日本人がいないのだ。

約150年前の幕末から明治にかけての激動の時代には、そのような革命家や大人物が綺羅星のごとくいた。当代は国家と民族の生死がかかる空前絶後の危機の時代である。それなのになぜ巨星が現れないのか。

ただでさえ均質性の高い民族であるのに、それに輪をかけた画一化教育で育った日本人は、祖国を救出する百年の計すら立てられない民族に成り下がったということなのか。民族存亡の危機に立ち向かう覇気のない民族におちぶれてしまったのか。

どっこい、移民政策に生涯をかける「変わり種」の日本人がいる。危ないことには手を出さないときめこむ「良識派」の日本人が大勢を占める平成の世に、移民国家の創建に向かって突進する無鉄砲な日本人が立ち上がり、人口秩序が崩壊する日本の起死回生策である移民革命の実行を国家・国民に迫った。

それは平成時代の日本人が国運をかけて行う日本大革命である。人口ピラミッドを立て直すため、固く閉ざしてきた移民の扉を世界の有為の人材に開放し、国の形を移民国家に改めるものだ。

移民革命は劇薬である。しかし、日本民族が地球上から消えてゆく一大危機を救う万能薬である。

« »