移民政策で日本が世界をリードする

坂中提案

西欧における移民の歴史は、アフリカの黒人を奴隷として新大陸に強制的に移住させた原罪を背負っている。これは世界人権史に残る汚点である。そして、現在の欧米諸国は移民の力を借りなければ経済と社会が運営できない状況に追い込まれている。

明治以後、日本が模範としてきたヨーロッパ文明、アメリカ文明とは何だったのか。移民政策に限って言えば、人道と正義に著しくもとるものであった。それに対して、私が提唱している日本型移民政策は、移民を人類同胞として友人として迎えるものである。「全人類はみな同じ人間である。宗教や文化、皮膚の色の違いに関係なく、世界の人々を平等に受け入れる。日本人ならではのもてなしの心で歓迎する」と、日本政府が国際社会に約束してはどうか。新進の移民国家が新鮮な移民政策の旗を掲げて世界に乗り出せば、移民排斥・人種差別の方向に進んでいる世界の移民政策を正しい方向にリードすることができるであろう。

「50年間で1000万人の移民を和の心で迎える」と宣言すれば、世界の人材が日本に集まってくる。アメリカ、フランス、ドイツ、イギリスが移民の入国規制に向かう中、新生の人道移民大国は世界の若者の希望の星になる。

« »