移民政策が「国民の分断」を未然に防止する

坂中提案

 2012年1月に政府が発表した将来人口推計は、2010年から2060年にかけて少子高齢化がさらに加速すると推定している。2060年の年少人口(14歳以下)は50年間で半減して791万人になる一方、老年人口(65歳以上)は18%増えて3464万人に達するという。

 2060年の日本は、老年人口が年少人口の4・4倍という超高齢社会を迎える。これは人類がいまだかって経験したことのない衝撃の社会だ。

 人口ピラミッドがひっくり返る近未来は、ほかでもない今の10代・20代・30代が現実に直面する社会である。

 若い世代の前途には、現役時代には重い負担を強いられ、老後には何の福祉も受けられない、不公平きわまる社会が待っているのだ。人生に絶望する若者が続出するだろう。祖国を捨て海外に移住する若者の増加も避けられない。
    
 それだけではすまない。近い将来、膨れあがる一方の社会保障費の負担をめぐって負担者の若年層と受益者の高年層の世代間の対立が激化し、社会がまっ二つに割れる可能性すら考えられる。
 
 「国民の分断」という日本の悲劇を未然に防止する方法はあるのか。長期間にわたり出生率の大幅な改善が望めないことがはっきりしている以上、若年人口の減少分を補う移民政策のフル活用以外に適当な策はない。私はそう断言してはばからない。

 明日なき世代に光を照らす移民政策の有効性と緊急性について世代を超えた国民合意の早期成立を期待してやまない。

 日本が移民政策をとるか否かで若い世代の未来が決まる。万が一、今の20代がこぞって移民に反対というのであれば、その世代は悲惨の極みの人生を覚悟しなければならないだろう。

 私がだれよりも移民政策に共鳴してほしいと願う人々は、移民と手を組んで多民族共生社会を築こうという気概のある若者である。日本の明日を担う若者が移民革命運動の先頭に立ってもらいたい。

« »