1. TOP
  2. 政策提言
  3. 移民国家理論の頂点を目ざして

移民国家理論の頂点を目ざして

 1975年に『今後の出入国管理行政のあり方について』(坂中論文)という論文を書いたことで私の生涯が定まった。移民政策研究一本の道を歩むことになった。

 その日から今日まで坂中論文の名に恥じぬ論文を書くことを誓い、世界トップレベルの政策論文を絶え間なく書いてきた。それが実を結び、坂中論文の究極の発展形態と言うべき移民国家ビジョンが、人口ピラミッドが崩壊する日本の未来を決定する国家百年の大計に発展した。のみならず世界の移民政策をけん引する理論に飛躍した。

 坂中論文以後の努力の結晶が40冊余の著書である。これらの作品はすべて国のあり方を根本から問うものだ。中でも役人を辞めた2005年以後に書いた30冊余の著作は移民国家日本の創建を視野に入れた移民立国論である。

 移民政策のプロフェッショナルの人生を思い起こすと、とりわけ法務省入国管理局の地方局長時代の1997年から移民政策研究所の所長時代の2020年までの23年間は、日本型移民国家理論の完成に全精神をかたむけた。

 移民国家日本の青写真を描くという重い課題と取り組んだ成果物が、『在日韓国・朝鮮人政策論の展開』(日本加除出版、1999年)、『日本の外国人政策の構想』(日本加除出版、2001年)、『入管戦記』(講談社、2005年)、『日本型移民国家の構想』(移民政策研究所、2009年)、『日本型移民国家への道』(東信堂、2011年)、『人口崩壊と移民革命――坂中英徳の移民国家宣言』(日本加除出版、2012年)、『日本型移民国家の創造』(東信堂、2016年)、『日本の移民国家ビジョン』(移民政策研究所、2018年)、『坂中英徳 マイ・ストーリー』(移民政策研究所、2020年)、『人類共同体宣言が世界の人道危機を救う』(移民政策研究所、2020年)、『移民国家日本が世界を変える』(移民政策研究所、2020年)などの著作である。

 なお、2020年に英文著作――『JAPAN AS AN IMMIGRATION NATION』(LEXINGTON BOOKS 2020)を発刊した。

 以上、これを要するに坂中論文『今後の出入国間行政のあり方について』(日本加除出版、1989年)を大黒柱とし、その後に執筆した論文集を支柱とし、これらを体系的にまとめたものが坂中英徳の移民国家創成論である。坂中論文を移民政策理論の根本にすえ、それ以後に理論展開した移民政策論文集が骨となり肉となり血となって移民国家日本の土台となる理論大系が完結した。