移民国家日本は民度と人類愛で世界の頂点を目指す

坂中提案

 50年間で1000万人の移民を入れても、その間に3000万人の人口が減る日本は、世界有数の経済大国、軍事大国の地位は望むべくもない。私は移民大国と呼ばれる国にふさわしい国家理念を打ち立てるべきだと考える。
 
 明治以来我が国が追い求めてきた富国強兵路線を転換し、移民国家日本は国民の民度と人類愛で世界の頂点を目指してはどうか。世界に先駆け、日本人と移民が協力し、人類の理想郷の多民族共同体を創るのである。
 
 この日本列島に生きるすべての民族がうちとけて一つになる「民族の融和」に挑むものだ。日本列島を地球共同体のミニチュアに作り替える壮大な事業である。

 国民の大多数の支持のもとで移民を秩序正しく入れてゆくため、特定の国の国民の寡占化は許さないことを日本の移民政策の鉄則とする。政府は世界各国の国民を公平に入れる移民政策を堅持する。

 そうすれば、広範な移民の出身国と日本との間で友好親善のネットワークが形成される。国際社会は公正を旨とする日本の移民政策を高く評価するだろう。
 
 世界の人々は歴史的な日本開国を歓迎し、移民の大規模な受け入れで世界経済に貢献する日本の存在感が高まる。日本の独創的な移民革命思想は世界平和に貢献すると世界で認められる可能性がある。

« »