1. TOP
  2. 政策提言
  3. 移民国家日本の発想の原点――坂中論文

移民国家日本の発想の原点――坂中論文

 法務省時代に初めて書いた論文『今後の出入国管理行政のあり方について』が政策論文そのものであったことが契機となって、それ以後も主として移民政策に関係する論文を書き続けることになる。国家公務員を辞した後も天下国家のことに関心を抱くメンタリティーは何ら変わらず、役人時代にも増して移民国家日本の立国に関係する著作をもっぱら書いている。世界のジャーナリストから「ミスターイミグレーション」と呼ばれるゆえんである。

 人口減少時代の新しい国の形を描く移民国家日本のアイディアはどこから生まれたのか。その答えは一九七五年に書いた『今後の出入国管理行政のあり方について』(坂中論文)にさかのぼる。坂中論文が移民国家構想の原点となった論文である。

 一九七五年当時の私は、「移民」の入国を認めないとする入国管理の基本政策について、日本の人口動向などを考慮して総合的に判断すると、今後も引き続きとるべき政策であると考えていた。その主たる理由は「日本の入国管理政策はこれからますます深刻の度を加える人口問題をこれ以上悪化させてはならない」というものであった。

 ところが坂中論文から三〇年後の二〇〇五年の国勢調査の結果、日本の歴史的転換が明らかになった。日本の経済と社会を支えてきた人口が減少局面に入った。政府の将来人口推計は、五〇年後の人口は今の三分の二に落ち込み、一〇〇年後は四〇〇〇万人台の人口に激減することを示していた。

 二〇〇五年を境に日本の人口構造が増加から減少へと転換する事実を重く受け止めた私は移民鎖国の考えを改めた。移民の入国を認めないとする政策の前提がひっくり返ったからだ。ただちに移民政策の先導役の立場に転向した。

 私は、1975年の坂中論文の時代から人口動態と移民政策の関係に関する発想を温めていた。日本が人口減少時代に入ることが明らかになると移民国家日本の考えが自然に生まれた。『入管戦記』(講談社、二〇〇五年三月)の「二〇五〇年のユートピア」で提案した「移民五〇年間二〇〇〇万人構想」である。