移民国家日本の存在感を世界に示そうではないか

坂中提案

10年ほど前、坂中移民政策論に関し、西洋の知識人から、「1000年以上も移民鎖国を続けてきた日本人が、今後50年間で1000万人もの移民を受け入れることができるのか」とよく批判された。

ところが、2016年を境に坂中移民国家構想をめぐる状況は一変した。今の私は、米国、フランスなどで人種差別・移民排斥・反イスラムの動きが強まるなか、日本型移民政策に基づく1000万人の移民受け入れを政府に迫っている。また、世界の知識人に向かって日本型移民国家の根本理念を訴えている。

英国、フランス、ドイツが移民を受け入れる余力を失い、また米国がメキシコとの国境線に高い壁を築く異常事態は、日本が移民政策で世界をリードするまたとない機会の到来である。1789年のフランス革命以後、世界に君臨してきた西洋文明の自由・平等・博愛の精神にかげりが見られる中、われら日本人はもてなしの心で異国の民を迎え入れ、世界の移民国家のモデル国として新世界文明の創造に貢献しようではないか。移民問題で西洋諸国の権威が地に落ちた状況を移民開国のチャンスととらえ、移民国家日本の存在感を世界に示そうではないか。

 

« »