移民国家創成塾

坂中提案 移民政策研究

私は2005年以来、日本と世界の若者をひきつける国家ビジョンを立案したいという思いから「日本型移民国家」の構想を練ってきた。ここに完成した日本の未来構想が、超少子化と超高齢化の人口問題に移民立国で立ち向かい、日本独自の移民政策に基づき50年間で移民1000万人を計画的に入れるものだ。

これは新国家の建設である。多民族融和型の新しい国づくりをめざす。日本の歴史はじまって以来の「人の開国」であり、明治維新以上の日本革命に発展するであろう。

このような千年に一回の革命的事業は、幕末の吉田松陰、坂本龍馬の如き、20代・30代の志士が輩出しなければ成就しない。移民国家の建国は若き精鋭たちの双肩にかかっている。

私は2010年7月、急がないと日本が危ないと直感し、若者が移民政策について議論を戦わせる道場である「移民国家創成塾」を開設した。これまで20回を超える勉強会を開催した。命が尽きるまで移民国家創成塾を主宰し、移民政策の専門家の育成に務める。

移民国家創成塾が世に送り出した俊英たちが移民革命の先導役として活躍する時代は近いと感じている。

« »