移民国家創成塾(第9回)の開催

坂中提案 移民政策研究

11月26日19:00~21:00、移民国家創成塾を開催。16名が参加。冒頭、私から、『 WiLL』(2015年1月号)に登載された小論『移民国家で世界の頂点をめざす』の意義と、近著の『新版 日本型移民国家への道』を使って政治家、官僚、学者など日本のキーパーソンを動かす決意と行動について語った。

次に、大重史朗氏による「南米系日系人集住都市における子どもの教育と多文化共生の課題」の表題のスピーチを受け、移民二世に対する日本語教育の重要性、プロの日本語教師の育成の必要性などについて参加者の間で活発な議論が行われた。

« »