移民国家・日本は人類愛で世界のトップを目ざす

坂中提案

空前の規模で移民を入れても人口激減が避けられない50年後の日本は何を国是とすべきか。世界有数の経済大国、軍事大国の地位は望むべくもないことは言うまでもない。そんな旧態依然の国家目標に代えて、移民大国にふさわしい新国家理念を提案する。

移民国家・日本は人類愛で世界のトップを目ざしてはどうか。世界に先駆け、9000万人の日本人と1000万人の移民が協力し、一億の国民の心がとけあって一つになる人類共同体社会を樹立する。それはとりもなおさず、唯一の戦争被爆国の日本が世界平和運動でリーダーシップをとることを意味する。

平和の心がつまった日本型移民国家の究極の目標が、世界の諸民族が国籍の壁を越えて和の精神で平和を共有する地球共同体の形成である。悠久の世界平和体制の構築を目指す。

米国、英国、フランスなどで移民恐怖症が猛威をふるう中、坂中移民革命論は日本のみならず世界各国に移民政策の転換を迫るものになる。それは移民に新天地を提供し、幸福を求める権利を移民に保障し、地球時代に生きる移民への最高の贈物になるだろう。

« »