移民国家への道のバトンを政治家・官僚に引き継いだ日

イベント・講演 坂中提案

小冊子

もともと移民国家のアイディアは坂中英徳の心に浮かんだ小さな夢にすぎないものだった。ところが、人口崩壊の危機に瀕した日本の未来は、私の夢がかなうかどうかにかかることになった。私ひとりの夢で終わらせるわけにはいかないのである。移民国家構想の口火を切った私の責任は重い。

この数年は必死の思いで移民政策論文を立て続けに書いた。その総仕上げの著作が『日本型移民国家の創造』(東信堂、2016年4月)と題する本である。この本を書き上げ、移民国家理論の先駆者の責任を果たしてほっとした気分である

そして8月3日。野田一夫先生を筆頭に友人諸氏が集まってこの本の出版記念会が開催された。移民政策に理解のある国会議員の参加を得た。そのうえ自民党、民進党、公明党の勇気ある政治家から身に余る言葉をいただいた。これまでの坂中英徳の労を多とすると述べたうえで、「一緒に新しい国を創るため立ち上がろう」と力強いエールを送られた。移民国家への道のバトンは政治家の魂に引き継がれたと思った。

同志の熱血官僚たちからの激励の言葉が相次いだ。約60人が集まった会場は移民政策一色の熱気に包まれ、野田一夫先生は「移民国家の建設をめざす国士の決起集会のようだ」と感想を述べられた。

移民革命を先導してきた私は日本の行く末を憂えることなく死を迎えられると思うと感極まった。この日は私の生涯忘れられない日となった。後世の歴史家は「2016年8月3日」を「日本の移民革命が始まった日」と特記するかもしれない。

« »