移民国家への道が通った

坂中提案

坂中構想は人口秩序崩壊の脅威にさらされている祖国を救いたい一心で立てた移民国家ビジョンである。言うまでもなく空理空論ではない。35年の外国人行政の実務経験に裏打ちされた実現可能な移民国家論である。

2005年に法務省入国管理局を退職後、移民政策研究所の所長として移民政策に関する理論的研究に専念し、多くの論文、著書を発表した。その努力が実って移民政策に転機が訪れた。2014年に移民政策がにわかに政治課題にのぼった。同年2月の衆議院予算委員会において安倍晋三首相は民主党の古川元久委員の「移民の受け入れ」に関する質問に対し、「国民的議論を経た上で、多様な角度から検討する必要がある」旨の答弁を行った。

2015年を移民政策論争の決着をつける年にしよう。私が移民国家議論の先導役を務めるので、政界をはじめ各界各層の間で徹底した議論を行ってほしい。そのうえで、移民政策は国の形と国民の民族的構成を決める国家の基本政策であるから首相の政治決断にゆだねよう。

最近、インタ―ネット上で移民国家をめぐる議論が盛り上がっている。「移民」「移民政策」「移民革命」などの言葉を使った坂中英徳の小論文が載らない日はない。

そして、『WiLL』(2015年1月号)が「移民政策大論争」と銘打った特集を組んだ。かくして移民興国論者の私と移民亡国論者との間で移民論争が始まった。しかし、移民亡国論の陣営は人材不足なのか、移民批判の種が尽きたのか、国民の支持が得られないと肌で感じたのか、理由は定かでないが鳴りを潜めた。白熱の移民政策論議を期待したが、線香花火で終わった。

いっぽう、移民興国論の元祖である私へのメディアの取材が増えた。移民政策研究所に見える内外の記者は移民の受け入れに賛成の人である。最近、講演で日本型移民国家構想を語る機会が増えた。聴衆の反応も上々である。以前と異なり、早く移民を受け入れる必要があるという声ばかりだ。

このように移民政策に好意的な世論が形成されつつあることに加え、外国人観光客が増えて国民の外国人観が好転したことも影響して世論は移民の受け入れを了解する方向に傾いた。厚い岩盤が崩れて移民国家への道が通ったと実感する。

なお、移民問題が政治の争点に浮上すれば、「移民は嫌い」という見解を唱える政治家や、「移民の排斥」を公約に掲げる政党の出る幕はないと考えている。穏やかな意見の持ち主が主流の日本社会では、「排外主義者」「国粋主義者」のレッテルを貼られた政治家の末路はみじめなものである。

移民政策研究所長の定点観測を言わせてもらえば、時間をかけて国民的議論を尽くせば、結論は国民の常識に従って落ち着くべきところに落ち着くと予想している。

具体的にいえば、事柄の性質上、国民が移民の受け入れにもろ手を挙げて賛成するということにはならないかもしれないが、「移民に頼るしかない」という移民容認の意見が大勢を占めるに至り、国民の多数意見を踏まえた政府部内での検討の結果、人口危機を乗り切る政策の基本に移民政策をすえる方針が固まり、時の首相が移民立国の英断を下すことになろう。

« »